妊娠線とは?

妊娠線って何?

妊婦さんの8〜9割の人に、妊娠線ができてしまう事実をご存知ですか?

 

妊娠線とは、妊婦さんのお腹などの皮膚にできる亀裂で、肉割れのようなものです。
できたばかりの線は赤紫色で、細かいギザギザが集まって線状に伸びているため、触ると凹凸が確認できるものもあります。

 

長いものでは15pにわたるものもあり、それが一度にたくさんできてしまう場合もあるので、大量に筋が入ってしまったお腹はまるでスイカのようになってしまいます。
ちなみに自分の経験ですが、私は目では直視できない下腹部に大量の妊娠線を発見し、気付いた時には手遅れの状態でした(涙)

 

まるでミミズの群集が下腹部にへばりついているみたいで、ものすごく気持ち悪く、そして衝撃的なショックを受けた記憶があります。

 

女性は美しさに敏感ですし、特に妊娠中は情緒不安定に陥りやすいため、実は、この醜い妊娠線ができてしまったことが原因でマタニティブルーを引き起こすケースもあるほどなんです。

 

そして、誰もが当然「妊娠線なんか絶対に作りたくない!」と強く願うのですが、残念なことにこれを100%防ぐ方法はありません。しかも一度できてしまった妊娠線は、白銀色に変色して薄くなったり、産後に目立たなくする治療もあるようですが、完全に元に戻ることは難しいとされています。

 

もちろん中には妊娠線ができにくい体質の人もいますが、それでもほとんどの女性は妊娠中に予防策やケアに尽力しています。「妊娠線は母親の勲章」なんて言葉はひと昔前の考えで、現代女性はママになってもキレイでありたいというのが本音ですから。

 

しかも妊娠したのが10代後半や20代前半であればなおさら、母親になっても露出のあるファッションを好むでしょうし、夏になればビキニだって着たいでしょう。ここでは妊娠線について、原因や仕組み、症状といった基本情報から、予防方法やケアグッズなどを紹介しているので、妊娠線対策の参考にしていただければ幸いです。

 

 

当サイトのおすすめ記事

妊娠線クリーム おすすめ人気ランキング

「妊娠線予防クリームを試してみたいけど、どれが効果があるの?」・・・と悩んでいる方へ。2人の子供持ちアラサーママ(管理人)が、実際に使ってみた妊娠線クリームを、ランキング形式で紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。(^.^)