妊娠線の予防クリーム

妊娠線の予防クリーム

「妊娠線を予防するのに、これまで使っていたボディクリームじゃダメ?」
・・・って思う人もいるようですね。

 

妊娠中って、マタニティ用品だの、産まれてくる子供のベビーアイテムだの、なにかと物入りになりますので、少しでも出費を抑えたいのが本音ではないでしょうか。

 

単刀直入に言うと、答えは「大丈夫」で、基本的に妊娠線専用とうたわれている商品も、普通のスキンケアクリームも、そう極端な違いはありません。

 

敷いていえば、“主”とつく成分が異なるぐらいで、妊娠線対応クリームは血行促進で、通常のものは保湿成分が主成分とされている傾向がみられます。

 

ただし、マタニティ用のクリームは、あくまでも低刺激に設計されていますので、妊婦さんが使い続けるには安心なアイテムと言えますね。

 

なお、妊娠線予防クリームを有効的に使うコツは、入浴直後のお肌がやわらかく、そして水分が吸収されやすい時に、確実に塗ることです。

 

水分が急激にどんどん蒸発してしまうので、潤いが奪われないよう、塗り残さないようケアしたいものです。

 

また、妊娠後期にもなると、自分の体を洗うのもひと苦労ですので、妊娠線予防クリームも塗り方にムラが生じる可能性があります。

 

そんな時は、ぜひ旦那様に保湿クリームを塗ってもらうのがおすすめです。(^.^)

 

マタニティ時期だけの、特別なスキンシップとなりますし、パパとママが仲よしだと、お腹の中の赤ちゃんも喜ぶといいますから。(*^。^*)

 

ちなみに、産後のバストに妊娠線ができてしまうケースが多いのですが、その予防策に、妊娠線予防クリームではなく“馬油”を使う人もいるようです。

 

馬油は赤ちゃんが口にしても大丈夫とされていますし、授乳時にできた乳首の痛みをケアするアイテムとしても、よく知られていますので、気になる方は、チェックしてみるといいでしょう。

 

 

当サイトのおすすめ記事

妊娠線クリーム おすすめ人気ランキング

「妊娠線予防クリームを試してみたいけど、どれが効果があるの?」・・・と悩んでいる方へ。2人の子供持ちアラサーママ(管理人)が、実際に使ってみた妊娠線クリームを、ランキング形式で紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。(^.^)