妊娠線クリームは、いつから塗ればいい?

妊娠線クリームって、いつから塗るのがいい?

妊娠線を作らないためには「保湿が重要」と言われますが、いつ頃から妊娠線クリームを塗りはじめるのがベストなのでしょうか?

 

結論を言うと、お腹が出てきた頃(妊娠4ヵ月頃)あたりから使い始めるとよいかと思います。

 

早い人では、妊娠4ヶ月で出来てしまう人がいるので。(+_+)

 

ただ一般的には、妊娠6か月頃に、妊娠線ができてしまう人が多いようです。

 

妊娠6か月というと、急にお腹が大きくなってきたり、体重も増えてくる頃ですよね。( 一一)

 

ちょうど、つわりが終わる頃なので、食欲も出てきますし、体重増加は大きな要因ともいえます。^^;

 

その前に、妊娠線ができやすい場所にクリームを塗って、保湿に励むとよいかと思います。

 

やはり注意したいのは、皮膚の乾燥!

 

乾燥したお肌は硬くて、伸縮性・柔軟性に欠けるため、お腹が大きくなって皮膚が伸びてきた時に、耐えられず、亀裂が入りやすいです。(゚∀゚〃)

 

また、皮膚も痒くなるのは、妊娠線ができる前兆です。

 

皮膚のかゆみは、保湿クリームでおさえられますし、妊娠線予防にもつながりますので、痒みを感じたら、できるだけ早い段階で、保湿ケアをはじめましょう。

 

 

妊娠線クリームの種類がありすぎて、どれがいいかわかりません。

 

マタニティ雑誌で紹介されているものとか、妊娠線予防専用の高いクリームも通販で売られていますが、迷うようなら、まずは今手元にある保湿クリームで代用しましょう。

 

ニベア青缶、馬油、市販のボディクリームなど、ドラッグストアでいくらでも安いクリームが手に入ります。

 

大事なのは、まず保湿することですからね。(*^。^*)

 

実際に、妊娠線ができるか?できないか?は、個人差があるので何とも言えませんが、クリームでしっかり保湿ケアすることで、出てくるはずの妊娠線を減らせる可能性は高まりますよね。(^.^)

 

まずは、手軽なところから使ってみて、香り、塗りやすさ、保湿感などを含めて、自分が心地よいと感じられるクリームを探していきましょう。(^.^)

 

 

当サイトのおすすめ記事

妊娠線クリーム おすすめ人気ランキング

「妊娠線予防クリームを試してみたいけど、どれが効果があるの?」・・・と悩んでいる方へ。2人の子供持ちアラサーママ(管理人)が、実際に使ってみた妊娠線クリームを、ランキング形式で紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。(^.^)