妊娠線予防のマッサージ

妊娠線予防のマッサージ

「いくら妊娠線を予防したくても、自分でマッサージするのってなんだか怖い」
・・・という妊婦さんも、けっこう多いですよね?

 

はじめて妊娠した妊婦さんなら、なおさら、お腹の赤ちゃんのことが心配で、マッサージに消極的になってしまうかもしれません。

 

でも、マッサージする注意点や方法、開始時期やコツといった基本的な知識さえあれば大丈夫です。
むしろ、他人に施術してもらうよりも、自分でやる方が体調にあわせてできるため、安心かもしれません。(^.^)

 

妊娠線予防のマッサージを開始する時期は、つわりが治まったくらいが目安となります。

 

マッサージによって、血行促進とお肌をやわらかくするので、極力、皮膚が伸び始める前の、妊娠中期より先に開始するのがベストとされています。

 

安全に行うコツは、肌と指の摩擦を軽減するために、クリームやオイル等のアイテムを使い、なめらかに滑らすように、ソフトに撫でていくことです。

 

お尻や太ももは下から上に持ち上げるように、お腹は最初は円をかくようにし、次は上下に、そして中心から外側にひらくように撫でてあげます。

 

バストは、乳房より上部は撫でおろし、下部は手のひらで支えあげるようにマッサージします。

 

そして「マッサージ」といっても肩こりや腰痛解消のものとは全く違うものなので、強い加圧は厳禁ですので絶対に覚えておきましょう。

 

「乳房マッサージ」で子宮収縮が促されることがあるように、妊娠線予防のマッサージも同様、お腹に張りを感じた際はすぐに中止しましょう。

 

なお、私もそうだったのですが、妊娠中にお腹が張りやすい体質の人がいます。

 

そういった人は、無理をするのではなく、浸透率が高く塗るだけで良い、マッサージ不要という商品を探す手もありますよ。

 

 

当サイトのおすすめ記事

妊娠線クリーム おすすめ人気ランキング

「妊娠線予防クリームを試してみたいけど、どれが効果があるの?」・・・と悩んでいる方へ。2人の子供持ちアラサーママ(管理人)が、実際に使ってみた妊娠線クリームを、ランキング形式で紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。(^.^)