妊娠線ができる場所

妊娠線ができる場所

妊娠線がお腹だけにできる・・・と思い込んでいる妊婦さんは要注意です!!

 

「えっ!?いつの間にこんなところにできちゃってる!!」という思いをしないためにも、妊娠線の出来やすい場所を知っておきましょう。

 

妊娠線は、その「原因・仕組み」からもわかるように、皮膚が伸びる場所でならどこでもできる可能性があります。

 

しかも、いつもは太るような場所でなくても、妊娠時は皮下脂肪がつきやすく全身がふっくらするので、一般的に脂肪がつきやすいとされる場所は全て警戒してケアしたいものです。

 

具体的には、お腹はもちろん、おしりや太もも、足の付け根、二の腕などにもできやすく、意外なことにバストにも注意が必要です。ちなみに私は、安心し切っていたふくらはぎの裏にまで妊娠線ができていたのを見つけ、「もうスカート履けない(涙)」と、悲鳴を上げた経験があります。

 

また、より注意をしたいのが、妊娠線ができるパーツの中でも「死角」にはいってしまう場所です。
例えばおヘソから下の下腹部ですが、妊娠中はお腹がせり出すので後期になるとは直視しにくく、鏡をあててチェックするしかなくなります。

 

お腹が大きくなってくると振り向くのもひと苦労なので、お尻の下や太ももの裏側などは確認がしずらくなりますよね。^^; いつも目に触れる場所ならチェックもケアもしやすいですが、こういった見えにくい場所は、どうしても手が行き届かずに、見逃してしまうケースが多いものです。

 

ただし、最初に妊娠線ができ始めるのは下腹部とされていますので、この部分を目安にケアを開始すると良いかもしれませんね。

 

 

当サイトのおすすめ記事

妊娠線クリーム おすすめ人気ランキング

「妊娠線予防クリームを試してみたいけど、どれが効果があるの?」・・・と悩んでいる方へ。2人の子供持ちアラサーママ(管理人)が、実際に使ってみた妊娠線クリームを、ランキング形式で紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。(^.^)